筋肉が付くって何?

筋肉を付けたい!

 

そうなった場合

 

どうやって筋肉を付けるのか?

 

ではなく

 

なぜ筋肉が付くのか?

 

そもそも

 

筋肉が付くとはどういう事なのか?

 

という視点に切り替えて

考える事がとても大切です。

 

では筋肉を観てみましょう!

 

筋肉の仕組み

 

筋肉と一言で言っても、筋肉とは様々な細胞で構成されてます。

ここでは、それらを細かく覚えて頂く必要はありません。

 

筋肉が付くという現象にフォーカスさせて頂きます。

 

皆さんは綱引きをした事がありますか?

 

筋繊維とは?

 

一本の綱を、強い力で引っ張り合う競技ですが

 

この綱が筋肉でいう、「筋繊維」です。

 

この綱の持つ耐久力以上の力や衝撃を

綱に与えると、

 

綱は傷つきますよね?

 

最悪の場合は切れてしまいます。

 

 

綱が傷ついたり切れてしまった場合

 

新しい綱に買い換えるのですが

 

 

私達の筋繊維は、買い換えるのではなくて

栄養素を送り届ける事で、修復する事が可能なんです!

 

筋繊維修復

 

この画像の様にテープを貼り付ける訳ではありませんよ💦

 

実際は身体の中で多種多様な栄養素やホルモン、酵素等が

神秘的な働きをして傷ついた筋繊維を修復します。

 

この修復作業の時に

 

「また同じ様な事があるかも知れないから

 

少し太く強くしておこう!」

 

こうして、修復された筋繊維は、以前より少し太くなるのです。

 

筋繊維の肥大

 

綱に傷を付けるのが「トレーニング」

 

傷を修復してくれるのが「栄養素」と「ホルモン」

 

コレを繰り返す事で

 

段々と1本1本の筋繊維が太くなっていく。

 

コレを筋肉が付く!

 

という現象です。

 

なんとなくご理解頂けましたでしょうか?

 

今日はここまで♪

 

パーソナルトレーニングジムKenz