腸の働きとは!〜Part 1 〜  消化と吸収について

  • HOME
  • ブログ
  • 腸の働きとは!〜Part 1 〜  消化と吸収について

 

腸のはたらき ①消化・吸収

まずは、人間を樹木に例えてみます。

下記の図のようになりますね。

腸について

人間の腸と植物の根は同じと言えます!!

 花が枯れた場合、『根腐れ』という言葉を使います。

 植物の根は水や栄養分を吸収するところなので、人間でいえば腸となります。

植物が根腐れが原因でいろいろな病気が起こるように、

人間も腸腐れや腸の不調によっていろいろな病気が起こります。

 

それでは、一番大切な根はどこでしょうか?!

それは、『小腸の絨毛』です!!

小腸の絨毛とは!?

小腸には吸収細胞を持つ絨毛というひげ根が無数に生えていて、

腸内の食事から栄養を吸収しています。

なので!!

根=小腸 (絨毛)  

土壌は腸の中身 (=食事)ということになります。

 

  また、私達の体は口から入ってきた食べ物では出来ていません!!

私たちの体は、腸が(絨毛)が吸収した食物で出来ている言えます。

そのことから、小腸は、外部から入ってきた食物の、本当の入り口であると言えます。