筋肉の構造について

皆さん、こんにちわ

kenz櫻井です。

 

今日は筋肉について話していきます。

筋肉には自分の意思で動かせる筋肉と自分の意思では動かせない筋肉があります。

自分で動かせる筋肉は随意筋と呼ばれ主に骨格筋になります。

自分で動かせない筋肉は不随筋と呼ばれ主に心臓や内臓になります。

筋肉はなぜつくのかはこちら!

 

筋肉

 

では、その筋肉は何で動くのでしょうか。

筋肉は筋原線維→筋繊維→筋束→筋肉のような形でできており

筋原線維の中にアクチンフィラメントとミオシンフィラメントがあります。

アクチンフィラメントとミオシンフィラメントが滑走し合うことにより筋肉は

収縮や伸展を行うことができます

この作用をフィラメント滑走説と言います。

 

本日はここまで

ご視聴頂きありがとうございました。