〜リアレイズ〜

 

 

今回は「リアレイズ」三角筋という肩の筋肉のトレーニングについてご紹介していきます。

 

上半身のボディラインを作るのに肩の筋肉はとても大切です。

 

男性においては肩幅をしっかりと作る事で、体のシルエットが逆三角形の形になり、

 

女性も三角筋を鍛える事で、相対的に顔を小さく見せたり、ウエスト部分を細く見える様にしてくれます。

 

「リアレイズ」で鍛えられる筋肉は「三角筋」の主に後部になります。

 

前回、ご紹介させていただいた「サイドレイズ」は中部、「フロントレイズ」は前部でした。

 

名前の通りリア=後ろ

 

ですので、「サイドレイズ」や「フロントレイズ」のように

 

ダンベルをリア、身体の後ろに上げて行う種目になります。

Image.jpeg

今までの「サイドレイズ」や「フロントレイズ」と違い上半身直立で行えないため、股関節から上半身を折り、そのまま肘を開きながらダンベルを後ろに向かって上げる動きになります。

 

この時に注意することは

 

ダンベルを持ち上げる際、肩甲骨を意識して

 

寄せたり開いたりしてしまうと、負荷が三角筋ではなく、僧帽筋中部へ移ってしまいます。

 

ですので、肩甲骨はあまり意識せず、背中を使わず腕だけで上げるようなイメージで行ってみてください。

 

重量設定に関してはサイドレイズ、フロントレイズと同様、筋力に対して重い重量でやろうとしても、反動を使って上げてしまったり、僧帽筋の力を使って上げてしまうので、丁寧に意識して動作ができる重量でやりましょう。

 

 

是非、皆さんもやってみてください!