腹筋のトレーニングvol.4 上級編

みなさんこんにちは。梅雨があけいよいよ待ちに待った夏が到来しました。

シリーズで取り上げてきました、腹筋トレーニングシリーズ、今回は上級編となります。初級、中級編は自体重を使ったトレーニングでしたが、上級編はウェイトを用いて行うやり方となります。

まずは、クランチですが上級編では、ジムならば、ディクラインアブベンチ、またご家庭では、椅子やソファーなどに脚を乗せて、ウェイト、できれば持ちやすいプレートを持ってクランチを行います。

腹筋は、他の筋肉よりもより高頻度でトレーニングを行う事は可能ですが、1セットあたりの回数は、何故か多くなりがちな傾向がありますが、腹筋もれっきとした筋肉なので、ある程度の負荷が必要となり、回数も他のウェイトトレーニングと同じく、10-20程度で行うのがより効率的であるといえます。

自体重のトレーニングに慣れてしまうと、何百回もできてしまい、腹筋をビルドアップする目的を達成するには負荷が軽すぎ、あまり効果を期待できなくなってしまうので、やはり、上級編としては、プレート等のウェイトを使い、腹筋トレーニングもウェイトトレーニングとして行うのが効果的である、といえます。

また、上級編の場合には毎日トレーニングを行わず、週に3回程度ウェイトを用いて行うことにより、腹筋の”筋肥大”を達成するやり方がより効果的である、といえます。

自体重での腹筋トレーニングに慣れてきたら、是非ウェイトを使ったトレーニングにトライしましょう。

 

 

ケンズ ダイエット Kenz 赤坂 新宿 渋谷

先ずはお気軽にケンズ無料カウンセリングへお越し下さい。

ボディメイク、ダイエット、肩こり、腰痛など

今抱えているお悩みを、どの様に解決出来るのか

無料でご提案させて頂きます。

Kenz赤坂本店はこちら

Kenz新宿店はこちら

Kenz渋谷店はこちら