日常における予防医学-健康に過ごす為の3大要素

  • HOME
  • ブログ
  • 日常における予防医学-健康に過ごす為の3大要素

皆さんこんにちは。梅雨の季節なんとなくはっきりとしない天気が続き、湿度が高く過ごしやすい季節とは言い難いですが、いかがお過ごしでしょうか。こういった季節は体調も崩れやすくなりやすいですが、日頃からの心がけ次第では、体調を維持し、健康的に過ごすことが可能であるといえます。

日頃から健康であるためには、適度な運動、十分な睡眠、そして必要な栄養素を摂取できる食事の3大要素を満たす、ということが重要となります。これは梅雨の季節だけ、という訳ではなく、年間を通して常に重要な事ではありますが、特に体調を崩し易い梅雨の季節、さらにはこれからの暑い夏の季節には特に心がけていきたい事であるといえます。適度な運動には、体調を維持するだけではなく、精神的な健康を維持するメリットもあり、適度な運動を日常的に行っていくことにより心身ともに健康を維持する事が可能となってきます。

適度な運動を継続して行っていくことにより、基礎体力がつき、さらには基礎代謝、身体が生きていくために利用するエネルギーが上がり、太りにくい体質になっていくとともに、より多くのエネルギーを利用できるようになることによって、疲れにくい体質になっていくといえます。特にこの梅雨の季節や暑くなる夏を健康的に過ごしていくには、重要であるといえます。

適度な運動を続けていくには、適度な睡眠と必要な栄養素を満たす食事が重要となってきます。寝不足では十分な運動をすることは難しく、また必要な栄養素を摂取しないと十分な運動をすることは難しくなるといえます。つまり、これら3つの要素を十分に満たしていくことが健康を維持していく上では重要で、1つでも欠けると成り立たなくなる、といえます。

日々忙しい中でこれら3つの要素を満たしていくのは容易ではない、とは思いますができるかぎり適度に運動し、睡眠をとり、必要な栄養素を賄う食事をとり病気や不調知らずのライフスタイルを続けていきたいですね。