〜ストレッチポールの効果〜

ストレッチポールはコアコンディショニングの理念に基づいて開発されたもので、「日常生活やスポーツその他すべての動作の土台となる姿勢” “動きを獲得するため」のツールとして用いられます。

ストレッチポールでのエクササイズの効果の検証は多く行われており、

脊柱・骨盤のアライメントを整えることや、脊柱起立筋、広背筋の緊張をやわらげリラクゼーション効果が得られること、関節関節可動域の拡大が期待できること、胸郭の可動性が改善することで深い呼吸が期待できます。

 

 

健康な人でも身体の使い方のくせなどから身体の左右差は現れます。

 

病気やけがなどをしても身体のアンバランスさが生まれます。

 

ストレッチポールは身体の軸を意識することができ、マッサージなどの施術を受けなくても、身体の左右差や緊張の高い部分を感じながら、自分でリラクゼーションをすることができるセルフコンディショニングに適したツールです。

 

背中のリラクゼーションはなかなか自分では行いにくい部分でもありますが、ストレッチポールの上に仰向けになり、手足を動かすという比較的容易なエクササイズで、普段のセルフストレッチでは得られない身体の変化を感じることができ、その手軽さと効果の実感を得られます。

pic1_stretchpole.jpeg