ボディビルとフィジークの違いって何? (フィジーク編)

  • HOME
  • ブログ
  • ボディビルとフィジークの違いって何? (フィジーク編)

皆さんこんにちは、こんばんは。

kenzトレーナーの河原です。

今回はボディビルとフィジークという競技の違いについてご説明させて頂きます。

皆さんボディビル、ボディビルダーという言葉は聞いたことあるかと思います。

ですが、メンズフィジークという言葉聞いたことあるでしょうか?

ここ最近、海外や日本で身体を見せる競技として一番人気なカテゴリーになります。

そもそも、フィジークとは何か?

フィジーク=体格

という意味です。

Men’s physiqueなので男らしい身体という事です。

フィジークが出来る以前は、肉体美を競うコンテストとしてはボディビルが一般的でした。

フィジークという競技では、「全体の体のバランス」が問われます。特に上半身を中心に審査されるので、脚はボディビルダーに比べて審査対象に入っていません。その為にフィジークは「サーフパンツスタイル」で審査されます。

つまり、ひざ上の大腿四頭筋は隠されていますので、主に上半身が審査対象の競技になります。

さらに、立ち振る舞い、顔、髪型なども審査基準に入ります。

そして、フィジークはボディビルと違って筋肉が大きければ良いというわけではありません。

とにかく元々のコンテストの由来は「ビーチで映えるカッコイイ体」がコンセプトの競技です。

Image.jpeg

筋トレをしていない一般の人からみても、フィジーク選手の体は惚れ惚れするくらいバランスの良い、見栄えのするカッコイイ体形です。

 

今回も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。